青汁を解説

豆乳青汁の効果って?

豆乳に含まれるイソフラボンは更年期障害などの改善に効果があります。
また、バストアップや脂肪燃焼効果も期待できるので、
ダイエット中の女性やメタボ気味の男性に豆乳入り青汁が向いています。

このサイトの青汁の様々な成分のページもおすすめですので、ご覧ください。
畑の肉とも言われる大豆から作られる豆乳ですが、青汁と混ぜることで飲みやすく、
豆乳の高い栄養価も期待することができます。

豆乳に含まれる有名な栄養素にサポニン、レシチン、イソフラボンがあります。
近年豆乳は健康食品としても人気が出てきており、
雑誌や深夜のテレビショッピングなどで見たことがある方もいらっしゃるかもしれませんね。

サポニンには活性酸素の働きを抑制し、コレステロール値などを減らし、
動脈硬化、成人病や老化予防に効果があると言われています。

レシチンは血流を良くしたり、細胞を活性化させる働きがあり、
老化を防いだり、脳を活性化させて記憶力を高めたりすることができるそうです。
また、ニキビやしわなどの改善する美容の効果もあると言われています。

イソフラボンは3つの中で聞いたことがあることが一番多いかと思いますが、
体内に取り込むと女性ホルモンに似た働きをし、更年期障害や骨粗しょう症など、
高齢の方が苦労されている症状の改善や、バストアップなど、若い女性にも嬉しい効果が期待できます。
また、近年女性に大きな問題となっている乳がんを予防してくれる効果もありますので、
イソフラボンは女性にとって素晴らしい栄養素であると言えます。

更に豆乳にはビタミンB2が含まれるので、
体内の脂肪を分解して効率よくエネルギーに変えてくれる効果があります。

最近流行りのメタボリックシンドロームや、ダイエットの為に運動をされている方は、
豆乳のビタミンB2でさらに脂肪分解作用を高めることで
効率よく体重を落としていくことが可能になります。

また、頭皮の再生にも効果がありますので、育毛対策などをされている方にも良いとされています。

また、オリゴ糖と呼ばれる、腸内の善玉菌を活性化させてくれる効果のある物質も含有されていて、
便秘解消やお腹が弱い方の腸内環境を整える効果が期待できます。
腸内環境が整うことで、ニキビや肌荒れなども改善されるので、
気になっている方は豆乳入りの青汁を飲んでみてはいかがでしょうか。
また、青汁以外におすすめしたい健康食品は高麗人参http://www.notebooksim.net/page2.htmlです。
いま女性に大人気な高麗人参。是非注目してみてください。

トップへ戻る