青汁を解説

青汁の栄養素

かつて「青汁」と聞くと「まずいけど健康的」というイメージで広く知れ渡っていましたが、最近は味や飲みやすさも大きく改良され以前に比べると飲みやすさもアップし親しみやすくなってきています。

しかし、「青汁=身体に良い」というイメージだけが先行し青汁の成分や効果や効能を詳しく知らない。
という方も少なくありません。
今回は青汁の栄養素をもとに効果、効能をご紹介していきます。

「ビタミンC」多くの野菜にはビタミンCが豊富に含まれています。
骨や血管筋肉などを作るのに大切な物質となります。
「カリウム」高血圧などの原因の一つとなる余分な塩分を排出する役割を担ってくれます。
「カルシウム」丈夫な骨や歯を作ります。

成長盛りのお子さんには欠かせないそして骨粗しょう症の予防にも繋がります。
牛乳や魚類など多くの食品群にも含まれていますが、青汁と合わせるなら牛乳と組み合わせるのがさらに高い栄養素が摂取することが出来、飲み合わせも良いといわれています。

「活性酸素を防ぐ」老化原因の一つとして取り上げられる活性酸素は肌への影響だけでなく体内では細胞をはじめタンパク質や脂質を酸化させ動脈硬化などを誘因させる原因にもなります。

青汁にはビタミンAやCが含まれています。
これらビタミンには活性酸素を予防する効果があるといわれています。
このように青汁には身体に有効的な成分が豊富に含まれ、この他にも青汁にはたくさんの栄養素があります。
多くの青汁が発売されていますので各メーカーによって異なる部分もあります。
栄養表記をご参照しご自身に合う青汁を取り入れてください。

トップへ戻る