青汁を解説

おいしい青汁で野菜補給

一家の食卓を預かるお母さん方の共通の悩み、それは献立です。

食費とにらめっこしながら、主菜、副菜、汁物、のバランス旬のものを取り入れること、子どもの栄養や、ご主人の健康状態などなど、色々な事を考えて、しかもレパートリーに富んだものであるように日々工夫を凝らして頑張っています。

主婦は楽な仕事と世間で言う人もいますが、毎日の献立を考えるだけでもかなり大変なんです。
お母さんだって忙しい時、体調の悪い時もあります。
そんな時には簡単にできるもので済ませたいものです。
簡単なメニューでも青汁をプラスするだけで、栄養バランスは一気に良くなります。
青汁はCMなどのイメージで、苦い、臭い、罰ゲームなどと思いがちですが、それは過去のこと、今ではだいぶ飲みやすく美味しくなりました。

何種類もの野菜に乳酸菌やカルシウムなども加わり、さらに栄養価がアップしたものもたくさんあります。
各社から出ている青汁はそれぞれ特徴があるので、比較してみるのもいいでしょう。
それでも味や匂いが苦手な方や、お子さんには牛乳で作ってみたり、カレーや卵焼きなど普段の料理に入れてみると青汁特有のクセは気にならなくなります。

1日に必要な量の野菜を毎日摂るのは、とても大変なことです。
生鮮野菜は気候や荒天によって、価格が変動もします。
青汁を上手に利用すれば簡単に必要な量を摂ることができますし、日持ちもして価格が天気によって変わることもありません。
常備菜として、青汁をキッチンの一員に加えてみてはいかがでしょうか?

トップへ戻る