青汁を解説

抹茶入りの青汁の効果って?

昔からお茶は万病に効いて、 長生きができると言われよく飲まれてきました。
中でも茶葉を粉末にして飲む、茶葉ごと摂取できる抹茶は、他の茶に比べて、
葉っぱの栄養をそのまま取り入れることができるので、効率の良い飲み物と言えます。
抹茶と青汁を混ぜることで、さらに栄養を期待することができるのです。

では抹茶にはどのような栄養素が含まれるのでしょうか。

まずはカフェイン。
コーヒーなどに含まれる物質で有名ですが、覚醒作用と利尿作用があります。
よく知られた効能に眠気を覚ますことがありますが、
カフェインは脳の神経を覚醒させる効果があるので、
神経を興奮状態にして集中力を高めることができるのです。

また、運動能力を高める効果もあります。
お茶と言えばカテキンという物質も有名ですが、タンニンとも呼ばれ、
血圧を抑える効果や、血糖値や血中コレステロールの値を調節してくれたり、
老化を防ぐ作用、アレルギーを抑える作用などがあります。

がんの予防効果もあると最近では解ってきました。
また、サポニンには傷の炎症を改善する作用や肥満を防止してくれる作用なんかがあります。
また近年の研究結果でインフルエンザのウイルスに有効であることも発見されています。

また、主にビタミンE、ビタミンA、葉酸、ビタミンC、ビタミンB2などの豊富なビタミンに加え、
整腸作用などがあるビタミンなども含まれており、
まさに昔から茶は万病に効くと言われていた理由がわかります。

お茶には、ウーロン茶や、紅茶、緑茶やほうじ茶などたくさん種類がありますが、
その中でも抹茶はそれらのお茶に比べ、1.5倍から2倍の栄養素を含んでいますので、
青汁に含めることで効率良く健康に良い栄養を摂取することができます。

青汁自体の苦みは苦手な方がたくさんいますが、抹茶はアイスクリームやお菓子など
色々な製品で取り入れられている為、抹茶の苦みには慣れている方もいらっしゃいます。
通常の青汁より抹茶入り青汁は飲みやすい場合が多いのも良いポイントだと思います。
こちらのサイトに効率よく青汁を選ぶ方法というページがあります。参考になりますので、是非ご覧ください。

トップへ戻る