青汁を解説

【ポイント3選】青汁の飲み方講座

ここでは、青汁を上手に使う為のポイントを解説。
健康や美容、便秘解消などのパワーを実感する為に意識しておきたいポイントを説明します。

ポイントは、ずばり3つだけ!
そのコツさえ押さえておけば、確実に実感度を高めることができます。
ぜひ、参考にしてみてください。

ポイント1:摂取を続けよう!

青汁は、薬とは違い即効性がある訳ではありません。
続ければ続けるほど、実感度が高まっていきます。

逆に、1回飲んだだけで止めてしまったり、3日坊主で止めてしまうと、殆ど実感は得られません。
最低でも、2ヶ月~3ヶ月程度は続けるように意識しましょう。

また、続ける場合は、毎日しっかりと続けることを意識しましょう。
たまに飲み忘れる程度なら問題ありませんが「飲み忘れが多くて週に2回くらいしか飲めていない…」となってしまうと、なかなか実感することができません。

飲み続ける工夫を!

青汁のパワーをしっかりと実感する為にも、飲み続ける為の工夫を試してみましょう。
例えば、青汁のスティック包は「いつも目に見える場所・手の届く場所」に置いておく。
というのはおすすめ。

常に手元に置いておけば…「あっ、今日はまだ飲んでない」と思いついたときに飲むことができます。

場所は、テーブルやデスクの上などがおすすめです。

また、続ける為に、摂取のタイミングを毎回一定にするのもおすすめ。
例えば、「朝食の後に必ず飲むように習慣づける…」というのは理想的。
習慣づけることによって、飲み忘れを防ぐことができます。

さらに、食事の前後に摂取することで、栄養素の吸収率が高まるのもポイント。
一気に結果が出る…という訳ではありませんが、効率よく実感できるようになりますよ!

ポイント2:生活習慣を改善しよう!

いくら青汁を飲んでいても、ダラダラとした生活習慣を送っていると、なかなか実感度は高まりません。
運動不足を解消し、食生活を整え、睡眠時間をしっかりと確保するように心がけましょう。
運動・食事・睡眠の基本を忘れないようにすることが大切です。

運動は軽いものでOK。
青汁の摂取と同様に、運動も継続が大切です。
ウォーキングでもOKですし、室内で出来るヨガやピラティスでもOKです。

食事では、脂質や糖質を出来るだけ避けるように心がけましょう。
ファーストフードや外食も避けたいところ。

睡眠は、最低でも7時間はとりましょう。
気持ちよく眠る時間をつくるのが大切です。

ポイント3:飲みやすい青汁を選ぶこと

何よりも大切なのは、しっかりと青汁を飲み続ける為に「美味しい青汁」を選ぶこと。
美味しい…という感覚には、個人差があるものですから、色々な青汁を試してみて、自分が美味しいと思える【相性の良い製品】を選びましょう。

例えば、美味しい青汁として人気があるのは、極の青汁です。
サントリーウェルネスの製品ですから、品質管理も徹底されています。
安心して飲めるという点でも、おすすめ度の高い青汁です。
(日本茶・緑茶のような感覚で飲むことができます。)

これもオススメ

ふるさと青汁もおすすめの製品です。
クセのない味わいなので、かなり飲みやすいはず。

また、初めて青汁を試す…という方は、複数の製品を比較してみると良いかも知れません。

トップへ戻る