青汁を解説

苦いけどスゴイ!青汁の効能知ってる?

ちょっと前まで、青汁は臭くて苦いというイメージだったかもしれませんが、どんどん改良されて、大分飲みやすくなっています。
青汁は、確かにジュースのように美味しいものではありません。

しかし、栄養がたっぷり詰まっていて、健康維持に最適です。
青汁を飲むメリットをご紹介しましょう。
まずは、食物繊維が豊富なことです。
これにより、便秘が解消されます。
便秘がひどくなると、下っ腹が出てきます。
体重も増えるため、見た目も悪くなります。
毎日お腹が重くて、スッキリしないでしょう。
ビタミンも含まれています。
肌荒れに効果的で、美白にも効きます。

新陳代謝を高める働きもあります。
これにより、細胞が再生されたり、脂肪が燃えやすくなったりして、アンチエイジングにもなります。
血液の循環を良くするため、冷え性を治したり動脈硬化を予防したりします。
がん細胞の増殖を抑えたりコレステロール値を下げたりする作用もあるため、重大疾患や生活習慣病を予防するのにも役立ちます。
最近の青汁は、はちみつ入りのものやさつまいも入りのもの、レモン入りのものなどが売られています。

さつまいもやレモン入りとは、斬新ですね。
さつまいもにも食物繊維が含まれていますし、素材そのものにも甘みがあります。

レモンはやはり排便を促したり、口臭を予防する作用があります。
青汁は確かに苦いかもしれませんが、最近のものは味に気を使っていて飲みやすくなっています。
それにこれだけの効能を知れば、一度飲んでみようかなと興味がわくのではないでしょうか。
お試しサイズのものも市販されているため、健康について見なおしたいと考えている方は、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

トップへ戻る