青汁を解説

青汁に使われるケールにはどんな効果がある?

ケールを原料にした青汁は、一番メジャーな青汁と言えます。
ケールはヨーロッパで食べられている野菜のひとつで、
キャベツやブロッコリーなどのアブラナ科に分類されています。

ただしケールに含まれる栄養素は、キャベツやブロッコリーなどをはるかに凌ぎ、
様々含んでいるのでスーパー野菜などと言われ、取り上げられることもあります。
http://www.darkersideofgreen.com/06yasai.htmlにも書いてあるように食物繊維、ビタミン、葉酸、ナトリウム、カリウム、マグネシウムなど
含まれている栄養素も多いですし、一つ一つの栄養素の含有量が
キャベツやフルーツなどと比べても数倍多く含まれているのです。

ケールに含まれるビタミンには、色々な種類がありますが、
中でもビタミンAは粘膜を正常に維持する効果があり、ドライアイなどの予防や視力回復、
また胃腸などの粘膜を正常にしてくれます。
。 こちらのサイトの青汁の吸収率を高めるためにはのページも是非ご覧になってみてください。

また、ビタミンCは美肌効果があり、
ニキビやシミの改善やできにくく予防してくれる効果があります。
。 美容効果のあるおいしいコラーゲン青汁なんかも大変お勧めの商品です。
また、ビタミンEは抗酸化作用で有名で、血行を良くし、細胞の老化を防いでくれるので、
動脈硬化などの後々深刻な病気をもたらす病気の予防、
また女性の特有の悩みである冷え性や、更年期障害の改善に効果があると言われています。
こちらのサイトの、青汁の効果効能まとめのページも、とてもわかりやすいので是非ご覧ください。

食物繊維は、腸内環境を整え、便秘や下痢などを改善して予防する効果があります。
また、ケールには苦み成分があり、これはケールに含まれる
スルフォラファンとイソチオシアネートという栄養素によるものです。
青汁を飲みにくくしてしまう苦みではあるものの、抗菌作用が強く、
癌の予防に効果があると言われている重要な栄養素です。

このようにケールには日々の生活を支える栄養を摂取できるだけではなく、
動脈硬化や、癌予防など、将来もしかしたら自分の命を奪ってしまう可能性のある大病も
予防してくれるという素晴らしい効果があるのです。

よくケール入りの青汁は、苦みや臭みが強く継続して飲むことが大変などと言われますが、
飲用だけではなく錠剤もありますので、
健康の為にぜひケール入りの青汁を試してみてはいかがでしょうか。
こちらのサイトの、意外と知らない青汁の成分についての解説も大変興味深いのでご覧になってみてください。

トップへ戻る