青汁を解説

蜂蜜入りの青汁の効果って?

蜂蜜は甘味料だけではなく、豊富な栄養や有効な成分を含んでいます。
蜂蜜は古来より、二日酔いに効いたり、傷口に塗ると回復を早める効果や、
風邪や便秘、寿命を延ばしてくれる効果があると世界中の人々に親しまれてきました。

蜂蜜に含まれる主な栄養素に、ビタミンがあります。
ビタミンB1、B2などの多くのビタミンが含まれ、
さらにそのほとんどが活性ビタミンと呼ばれるものです。

ビタミンには活性型と不活性型のビタミンがあり、活性型のビタミンは不活性型のビタミンと比べ、
数倍も体内で吸収され、質が違うことが解っています。

人工のサプリメントはほとんどが不活性型ビタミンであり、
蜂蜜などの天然ビタミンとは違い、大量に摂らなければ効果がありません。
蜂蜜は継続して食べることで、下痢や便秘が解消したり、風邪の早期回復や予防、
胃潰瘍の治癒効果や、胃がんまでも予防することができます。
また、こちらのダイエットと一緒に綺麗になれる青汁の解説もとても興味深いので、是非ご覧になってみてください。

また、蜂蜜は保存料や添加物なしで2年以上賞味期限が持つ食べ物です。
これは蜂蜜に含まれるグルコン酸に強力な殺菌作用があるからです。
グルコン酸の殺菌作用は、火傷や擦り傷、口内炎や湿しんなどにも効果を発揮します。

このように様々な健康作用がある蜂蜜ですが、蜂蜜は美容にもたくさんの効能があります。
まだまだある青汁の美味しい飲み方についての詳しい情報はこちらのサイトがおすすめです。

まずは、保湿効果です。
アミノ酸や、ビタミンC、ナイアシン、ビタミンBなどのほか、ミネラル、カルシウム、
マグネシウム、鉄分などを豊富に含んでおり、肌の保湿効果が高くあります。
また、殺菌作用でニキビやおできも治癒することができるのです。

また、蜂蜜は甘みが強く、カロリーが高いと思われがちですが、
実は砂糖などよりもカロリーが低く、コーヒーや料理などに使う砂糖を蜂蜜に代用することによって、
ダイエット効果までも期待できます。
甘みが強い分、砂糖よりもさらに少量で済みます。
また、こちらでは青汁を加えた料理を紹介していました。

蜂蜜には大変たくさんの健康や美容に良い成分が元から入っているわけです。
青汁だけでも十分な栄養素がありますが、
蜂蜜を加えることでさらにこれだけの効能を期待することができます。
このサイトではレモン汁と青汁の紹介をしていました。参考になさってみてください。

トップへ戻る