青汁を解説

青汁で酵素が摂取できる?

酵素とは何でしょうか?
酵素というものを一言で言うと、人が命を維持する為に、
体内で起こる色々な化学反応に必要な物質であるということです。

つまりは、言葉を発するのも、身体を動かすのも、栄養を体内で維持するのも、
全て酵素という物質がなければできないのです。
それほど重要な物質である酵素ですが、青汁から摂取できるのでしょうか。

青汁というと、粉末タイプのものを思い浮かべることが多いですが、
粉末にするには熱処理が必要ですので、
熱に弱い酵素のほとんどは残念ながら失われてしまうことになります。

でも青汁から酵素を摂取する方法はあります。
それは、生の青汁を冷凍した商品を利用することです。

また最近では、青汁を作る製法も研究が進められており、
酵素を失わずに、粉末製品にする製法などが確率されてきているようです。

よく、インターネットで青汁の製品を探してみると、
「酵素が生きている青汁」なんて表記がある粉末青汁製品があります。
これは、熱処理の製法ではなく、最新の製法で、
青汁の酵素効果が期待できる商品ということになります。
また、青汁のタイプ別メリット・デメリットの解説も是非参考になさってみてください。

では、酵素には具体的にどんな働きがあるのでしょうか?

酵素の大きな効果は、消化と新陳代謝になります。
食べたものの消化がきちんと行えるということは、体内に吸収ができているということです。
吸収ができれば、疲労回復ができます。
また、新陳代謝も重要です。代謝による体内に溜まった栄養素を効率的に、
エネルギーに変えて身体の成長や体力に変換することができるのです。

体内から酵素が少なくなってしまうと、慢性的な体の疲れや肩こり、腰痛、頭痛、
便秘など便通の問題、寝れない、早起きが辛いなどの効果が表れます。
このサイトの青汁のデトックス効果のページもおすすめですので、ご覧ください。

さらに、酵素は消化吸収と新陳代謝に関わりますから、
これらの問題を解決する為のエネルギーが体内で生成されにくくなってしまいます。
この悪循環で大きな病気に繋がってしまうのです。

これらの症状が出ている方は、体内の酵素が足りていないことが考えられますので、
生の青汁製品や、非熱処理製法で作られた青汁製品を試してみてはいかがでしょうか。
また、青汁を摂取するのを控えるべき場合についての詳しい情報はこちらのサイトがおすすめです。

トップへ戻る