青汁を解説

青汁にはハチミツを加えて飲もう

青汁は不足しがちな栄養分がたっぷり含まれています。
偏食だったり外食が多かったりする人は、青汁を飲めば、足りない分の栄養を補えます。

しかし、「見た目がちょっと気持ち悪い」という人や「味が苦手」という人が多いことも事実です。
では、こういった悩みにはどう対処すれば良いのでしょうか。
青汁は、粉末などで市販されています。
これを水などに溶かして飲むのが一般的です。

しかし、他のドリンクに混ぜたり、料理に使ったりすることも出来ます。
アレンジが効くので、自分の飲みやすい方法を見つけられれば、マイナス要素も克服出来るでしょう。
ドリンクとしては、抹茶ラテや牛乳に入れる方法がおすすめです。
青汁は緑色をしていますが、抹茶ラテも緑なので、混ぜても見た目に違和感がありません。

牛乳の場合には、それこそ抹茶ミルクのような見た目になります。
濃厚な牛乳を使うほど、青汁の苦さも誤魔化せます。
さらに、もっと味を変えたい、まだ苦いと感じる時にはハチミツを入れるのがおすすめです。
ハチミツにはビタミンやミネラルなどが含まれていて、栄養が豊富です。
ハチミツに含まれるカリウムが塩分を排出したり、動化や心疾患も予防します。

砂糖に比べて低カロリーなので、ダイエット中の方にもおすすめです。
身体の中からキレイになりたい!健康な身体を維持したいとおもっているならば、なおのことハチミツと一緒に飲んでみてください。

トップへ戻る