青汁を解説

青汁を美味しく飲む方法

野菜不足解消や便秘改善に青汁はとても有効です。
テレビや雑誌などでも頻繁に取り上げられています。
それに多くの方が、青汁の健康作用についてご存じでしょう。
身体に良いものと認識されています。

では、どうして誰もかれもが摂取しようとしないのでしょうか。
これは、青汁の味に関係があります。
青汁には苦み成分が含まれていて、味は正直なところ美味しくありません。
“良薬は口に苦し”をまさに体現しています。
このため、ごく一部の人にしか飲まれていません。
おそらく、青汁がもっと美味しければ、老若男女、みんな飲むようになるでしょう。

では、美味しく飲む方法は本当にないのでしょうか。
実は、アレンジを加えることで随分と飲みやすくなります。
簡単な方法としては、まずハチミツやジャム、ヨーグルトに混ぜるといったアレンジがあります。
青汁は苦みが問題なので、甘みや酸味で緩和するという方法が有効だからです。
他には、スープや牛乳に溶かして飲むといった方法もあります。

スープとしては、濃厚なポタージュがおすすめです。
ほうれん草やキャベツのポタージュであれば、緑の青汁を入れても違和感ありません。
牛乳に溶かすと、抹茶のような感じになります。
さらに甘みが足りなければ、砂糖やハチミツ、ペーストのバナナなどを加えても良いでしょう。
手間はかかりますが、クッキーやケーキに混ぜ込むというアレンジもあります。

野菜スイーツみたいでヘルシーになり、子どものおやつにもおすすめです。

トップへ戻る