青汁を解説

青汁を賢く選ぶには…?

青汁は、健康と美容を目指す人に最適なアイテム。
生活習慣の乱れに悩んでいる人、食事から摂取する栄養バランスの偏りに悩んでいる人、美容が気になる人は必見です。
上手に活用すれば、しっかりとカラダのバランスを整えることができますよ!

殆どの日本人が野菜不足!?

厚生労働省が示している理想的な一日の野菜摂取量は350g
これに対して、現在の日本人は、平均して一日280gしか野菜を食べることができていません。
つまり、殆どの日本人は慢性的に野菜不足になっているのです。

野菜が不足してしまうと、ビタミンやミネラル、食物繊維などの栄養価も不足してしまう訳ですから、健康状態をキープするのも難しくなってしまいます。
(便秘や肌のトラブルを引き起こす原因は、実は野菜不足かも?)

そこで、注目されているのが青汁!
青汁は野菜を絞ったジュースのようなものですから、コップ一杯の青汁だけでも不足しがちな栄養を補給することができます。

ただし、青汁なら何でも良い…という訳ではありません。
原材料や飲み口、コストパフォーマンスを考慮しながら、しっかりと自分に合ったものを選びましょう。
このサイトでは、そのお手伝いをしています。

選び方のポイント

ずばり!青汁の選び方にはポイントがあります。
そのポイント(コツ)さえ掴んでしまえば、だれでも簡単に「相性の良い青汁」を見つけることができるはず!

匂いと味を口コミでチェック

第一にチェックしておきたいのは、味や匂いなどの飲み口。
苦みが強すぎたり、エグみが強すぎる青汁では、どうしても飲み続けることができません。
しっかりと続ける為には、飲みやすい製品を選ぶ必要があります。

とは言え、購入していない製品の味は良く分からないですよね…

そこで参考になるのが、口コミです。
口コミには、参考になる情報がたっぷり!
苦かった…甘かった…などなど、飲み口に関する情報を的確にチェックすることができます。

コスパをランキングでチェック

せっかく青汁を購入するなら、高品質なものを選びたいですよね。
しかし、品質が良いからと言って、値段が高すぎるものは選びたくありません。
大切なのは、その両方のバランスが整っているものを選ぶ…ということ。

つまり、【コスパに優れた製品】を選ぶことが大切なのです。

では、コスパの優秀な製品を選ぶにはどうすれば良いでしょうか?
その答えは、ずばりランキングです。

このサイトのランキングでは、コスパに優れた高品質な青汁だけを厳選して紹介しています。
口コミでの評価を統計し、安全性や価格などもチェックした上で製品を掲載しているので、ここから選べば間違いありません!

・初めて青汁を選ぶ方
・今まで何を試しても上手くいかなかった
・何がおすすめなのか今すぐ知りたい!

そんな方にも、ランキングでの製品探しはおすすめ!
ぜひ、参考にしてみてください。

安全性をチェック

青汁は毎日飲むことで実感度が高まる健康食品。だからこそ、安全性のチェックも大切です。有機栽培で育った野菜を使用しているかどうか、使用しているのは国産の野菜なのか、GMP工場で製造されているか、などのポイントをチェックすると良いでしょう。

キャンペーンをチェック

せっかく青汁を購入するなら、キャンペーンをチェックして一番お得な状態で買いましょう!ネット通販なら、キャンペーンが実施されている確率が高いですよ!ドラッグストアなどの店舗よりも、高品質な製品をリーズナブルに購入できます。

原材料で選ぶ!

青汁を選ぶときの目安の一つに、原材料が挙げられます。
どんな野菜を使用しているかによって、含有される栄養素が大きく異なるからです。

例えば、青汁の代表的な原材料である大麦若葉には、鉄分やβ-カロテンが豊富です。
それに対して、明日葉はビタミンEやカルシウムが豊富です。
この二つには、それぞれ特有成分があり、大麦若葉にはSOD酵素、明日葉にはカルコンという成分が含有されています。
特有成分は、その素材からでないと摂ることができません。

つまり、原材料の野菜は、製品の仕上がりを大きく左右するのです。
どんな実感を得たいか…によって、選ぶべき野菜が異なります。

健康管理や美容が気になる場合は、抗酸化作用を持つ成分がたっぷり含まれている大麦若葉をメインに使った青汁を選ぶべき!
例えば、極の青汁などがおすすめです。
食物繊維もたっぷりなので、便秘をなんとかしたい!という方にもおすすめですよ!

ダイエットや浮腫みの解消に青汁を役立てたい…という場合は、明日葉をメインに使用した青汁を選ぶのがおすすめ。
明日葉に含まれるカルコンは、不要な物質をキレイに洗い流す働きがあるからです。
具体的には、ふるさと青汁がおすすめの製品として挙げられます。

ケールがメインの青汁は避けるべき!

ケールをメインの原材料に使用している青汁を選ぶのは避けるべきです。
ケールはひと昔前まで青汁原材料の主流とされていた野菜。
栄養価は優秀ですが、非常に苦みが強く、クセがあります。
【青汁=まずくて苦い】というイメージを定着させた張本人と言っても過言ではありません。

しかし、最近では「大麦若葉や明日葉などの苦みやクセがなく、さっぱりと美味しく飲めるのに栄養価はケール以上…」という素材が続々と登場しています。
つまり、無理にケールを選ぶ必要がなくなったのです。

ケール青汁の味が好き…ということであれば問題ありませんが、そうでないのであれば、ケールを主材料として使用している製品は避けた方が良いでしょう。

トップへ戻る